管理人について お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ はこちら

母音 (Rを除く)

母音 (Rを除く)

母音4)ʊ

bookやfullで使われる、「ʊ」の音です。「ɪ」と音の方向や舌の位置が似ているのですが、「ɪ」は口がゆるゆるなのに対し、「ʊ」は口角を寄せます。日本語の「う」のように口全体をすぼめるのではなく、口角だけです。お腹で作った音のパワーを、よく広がったのどに届け、一気に落とします。
母音 (Rを除く)

母音3)ɪ

「ショートアイ」と呼ばれる発音記号です。「ロングアイ」もありますが、見た目は似ていても音の方向(音質)が全く異なります。また、ショートアイは「ʌ」と音の方向、口の形、唇の柔らかさが同じですが、舌の位置が違います。日本語の「い」との違いもご紹介しています。
母音 (Rを除く)

母音2)「ʌ」と「ə」

アクセントシュワ「ʌ」と普通のシュワ「ə」です。どちらも音の方向は下なのですが、強さが違います。「ʌ」はお腹で作った音のパワーを一気に下にボチョッと落とすので、長く言い続ける事は出来ません。一方「ə」は、下唇から顎に伝わりシュワッと消えるような音になります。
母音 (Rを除く)

母音1)「ɑ」と「ɔ」(「ɑː」と「ɔː」も)

アメリカ英発音を発音記号ごとに紹介させていただきます。 今回は母音の「ɑ」と「ɔ」です。 お腹で作った音のパワーを、鼻から逃さずしっかりと、頭のてっぺんの真ん中から上に突き抜けさせる音です。 口をポカンと開ける事、舌の中心をくぼませるものの舌の先や側面は厚みがある状態をキープする事も大切です。
タイトルとURLをコピーしました